ここは昭和55年(1980)までNHK教育で放送されていた「みんなの科学・たのしい実験室」を懐かしむホームページです。当時のメモをもとに番組の放送内容を紹介します。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | ●-
#421114 写真の現像
出演:渡辺義人さん

▲35mmの白黒フィルムをケース(パトローネ)のまま現像する,インスタント現像器の実験でした。ケースからフィルムを取り出さないので暗室が不要で,明るい場所でも水道さえあればどこでもすぐ現像ができます。また,現像液がわずかな量で済むのも良いところです。
ただし,小さいケースの中でフィルムが擦られることになるので,場合によってネガにスリキズが入ってしまいます。
通常の現像では,「現像」「停止」「定着」の3種類の薬液を必要としますが,番組では1液性の現像液も紹介していたようです。
ところで昭和50年頃に,同じ仕組みのプラスチック製の現像器が市販されました。薬品類は1回分ずつ,ガラス製のアンプル容器に入っていました。
 → #521006 一液現像写真
(2006.11.12 Nishi)
インスタント現像器
 「NHK たのしい実験室(1)」 日本放送協会より

インスタント現像器(グラフNHK S42.12.1より)
グラフNHK S42.12.1より

▲プラスチック製の市販品は,なんと今でも売られているようです! 
富士フイルムの「ダークレス」というもので,私が購入したのはまさしくこれです。30年にわたっての超ロングセラー商品ですね。
 → ダークレス −FUJIFILMの明室用ミニ現像器キット− / vasolzaさん
 ダークレスを使ってのカラー現像についても書かれています。

S42年度放送リストに戻る
| admin | comments(0) | trackbacks(0) | ●S42年度
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | ●-









http://mkagaku.jugem.cc/trackback/551








 |トップページへ更新履歴

 みんなの科学教材堂
  (書籍・教材通販)

+ SELECTED ENTRIES
+ カテゴリー