ここは昭和55年(1980)までNHK教育で放送されていた「みんなの科学・たのしい実験室」を懐かしむホームページです。当時のメモをもとに番組の放送内容を紹介します。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | ●-
タッチタイマースイッチ?
記憶保持者:中島さん
放送年代、タイトルともに不明ですが、エレクトロニクスに興味を持ったのが、中学性の頃なので、昭和51〜52年ころだと思います。タッチタイマースイッチ(タイマータッチスイッチかな)です。ICとリレーとそれをドライブするトランジスタというシンプルな回路です。
動作は、電極に手を触れると、ICのインバータ1回路がHiになり、Tr1をONにし47μFのコンデンサを充電します。インバータ1がLoで、Tr1がOFFになっても、1MΩの抵抗を通して放電するまで、インバータ2の入力はLo、出力はHiを保ち、Tr2をONにしリレーをドライブし続けます。
タイマー時間を調節するのは47μFのコンデンサを大きくするか、1MΩの抵抗を大きくすることで長くなります。ただし、Cを大きくし過ぎると、タッチしている時間に充電が完了しないので、時間にばらつきが出ます。何分と言う、長い時間は無理です。
   ・・・と言う内容です。
私が書き写した回路図ではICはC−MOSの4069Bを使用しています。
金属の電極を使っていたような気がします。
| admin | comments(0) | trackbacks(0) | ●放送日不明のもの
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | ●-









http://mkagaku.jugem.cc/trackback/404








 |トップページへ更新履歴

 みんなの科学教材堂
  (書籍・教材通販)

+ SELECTED ENTRIES
+ カテゴリー