ここは昭和55年(1980)までNHK教育で放送されていた「みんなの科学・たのしい実験室」を懐かしむホームページです。当時のメモをもとに番組の放送内容を紹介します。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | ●-
【ミニ辞典】みんなの科学・たのしい実験室の本 −書籍版・みんなの科学−
Q:みんなの科学・たのしい実験室の本があったそうですが?

日本放送出版協会『たのしい実験室』(1)なる書籍が出版されていたようです。当サイトをごらんになったMADさんに存在を教えていただきました。
なお,みんなの科学の黎明期調査で功績を残されたCauli.さんもご存知だったそう。世の中,なかなか知らない事は多いものです。
この本には,番組開始から昭和46年3月までの選りすぐりが紹介されているそうです。


書籍版・みんなの科学NHK『たのしい実験室』(1)
 霜田光一監修 日本放送協会編
 日本放送出版協会 刊
 定価580円
 昭和47年2月25日 第1刷発行
 6040−008048−6023
 (C)1972 日本放送協会

MADさんから,表紙のスキャン画像と目次を送っていただきました。ありがとうございます。
さらには本文のコピーまで頂戴してしまいました・重ねてありがとうございます!
 ※MADさん → MAD研究所

物理・化学・生物・電気と幅広い内容を網羅しているのがわかります。
電子工作ではまだICは見当たらず,トランジスタを使うものが主です。ただ,秋の実験で「電灯調光器」ではトライアックを使っています。確か昭和50年以降から使い始めた記憶があるのですが,意外でした。
時代を感じさせるものとしては,春の「物理もよう」と秋の「インスタント現像器」。写真現像のテクニックを使っています。当時は中学校には必ず「写真部」があり,白黒写真の現像・引伸ばしを自前でやることは一般的でしたし,現像液などの薬品も街のカメラ屋で簡単に入手できました。今ではどうでしょうか。
また,秋の「プラスチック立体標本」ではポリエステル樹脂を使う,現在でも行われている方法ですが,すでにこの時期からあったのかな?と,これまた意外でした。
とにかくこれを読んでいると,自分の小学校高学年頃の楽しかった工作少年の日々が想い出されます。(今は工作してても楽しくないのか?とはちょっとちがいます)

ところで書名の後に「(1)」とされていますが,(2)はどうやら発行されなかったようです。
(2001.12 Nishi)
【目次と概要】
---------------------------------------------------------------------
<春>
 ・ちょうを育てる
 ・スリットカメラ
 ・電子呼びリン
 ・葉っぱのさし木
 ・雨がさ集音器
 ・一石ラジオ
 ・電子脈拍計
 ・湿度をはかる
 ・物理もよう
 ・自転車のスピードメーター
 ・セルロイドで写す
<夏>
 ・全天カメラ
 ・リモコン雨量計
 ・テーブル菜園
 ・ジュースの色素
 ・放射線を見る
 ・電子風鈴
 ・日光写真
 ・乳酸飲料をつくる
 ・電池蛍光灯
 ・ガラス偏光器
 ・プリント配線
 ・ザリガニを飼う
<秋>
 ・電灯調光器
 ・草木で染める
 ・土器を焼く
 ・土笛をつくる
 ・光学距離計
 ・ピカピカ通信機
 ・簡単な分解写真
 ・インスタント現像器
 ・プラスチック立体標本
 ・カラー墨流し
 ・葉脈標本
 ・とうふをつくる
<冬>
 ・おばけランプ
 ・エノキタケのビン栽培
 ・墨をつくる
 ・年賀状の印刷 
 ・雪の結晶を保存する
 ・数であそぶ 
 ・金属探知器 
 ・うそ発見器
 ・七宝バッジをつくる
 ・プラスチックでつくる
 ・風に向かって走る車
<あとがき>
 この本は、NHK教育テレビの青少年向け番組「みんなの科学」の「たのしい実験室」をもとにまとめたものです。この放送は、昭和41年4月から続いており、昭和46年3月までの5年間で約250回の放送が行われましたが、その中から46本分だけをとりあげてまとめたわけです。このほかにもおもしろいものがたくさんあり、選択にずいぶん迷いました。残念ながら載せることのできなかった分については、つぎの機会にゆずりたいと思います。
 「たのしい実験室」は、わたしたちの身近にあるもの、簡単に手に入る材料を使って、実験や、模型の作り方などをやさしく解説しています。番組を見た方が、科学的イタズラ精神に興味をもち、みずから実験し、模型を作り、自分でやることのたのしさ、創意工夫のおもしろさを知っていただこうというのが番組の目標です。
 「たのしい実験室」を見てくださる方がたは、小学校高学年から中学生、高校生の年令の方がたが中心ですが、おとなの人も熱心に見てくださっているようです。これはたくさんの投書からうかがえることですが、小学生自身の問い合わせや、子どもにかわっておとうさん、おかあさんからの問い合わせもずいぶんあります。夏休みの終わりごろになると、どっと投書や問い合わせをいただき、番組担当者一同、汗びっしょりで返事書きをすることもありました。先生方からも、学校のクラブ活動の材料にしたいからくわしく聞きたいとか、推せん番組にするから放送予定表がほしいという希望もありました。
 長く続いているのも、こうした熱心な視聴者のみなさんにささえられてのことと、担当者一同ふかく感謝しています。
| admin | comments(0) | trackbacks(0) | ●みんなの科学ミニ辞典
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | ●-









http://mkagaku.jugem.cc/trackback/396








 |トップページへ更新履歴

 みんなの科学教材堂
  (書籍・教材通販)

+ SELECTED ENTRIES
+ カテゴリー