ここは昭和55年(1980)までNHK教育で放送されていた「みんなの科学・たのしい実験室」を懐かしむホームページです。当時のメモをもとに番組の放送内容を紹介します。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | ●-
#420207 エノキタケのびん栽培
この時間は小学生からおとなまでだれでもできるおもしろい実験を紹介しているが,きょうは食用エノキタケのびん栽培
材料は市販されているエノキタケ種菌それにあきびん・米ヌカ・オガクズ・蒸気殺菌のための蒸し器など,すべて家庭用品である。
台所の片すみや事務所のロッカーのうえなどでかんたんに栽培・成長の観察ができる。
(当時の新聞の番組紹介欄から)
(2003.02 Nishi)

420207 エノキタケのびん栽培

420207 エノキタケのびん栽培2
『書籍版・みんなの科学』 より。


2006.02.05に所さんの目がテン!でエノキタケの特集をやっていました。
・エノキタケの別名はユキノシタ。これはエノキタケは低温・高湿度(5〜15℃)という生育環境を好み,自然界では積雪下の朽木などにも生育していることから。なお,温度が高いと他のカビに侵される。
・エノキタケの人工栽培は昭和初期に長野で。冬の農閑期の産業として。原木を使用せず,上記実験のようなガラスの広口ビンを利用した簡便な栽培法なため急速にひろまった。
・市販のエノキタケが白いのは土蔵などで日光にあてないで栽培するからであるが,最近ではもともと白い品種も開発された。
 → エノキタケの新品種開発/株式会社ホクト
また,上の図で「紙をまく」とありますが,これは株がまとまるようにするため。
・変った食べ方・・・ほぐして天日で数時間干す。アミノ酸が増加しスルメのようなおつまみに! ※きのこ類は干すとたいていうまみが増すようですね。
(2006.02.05 Nishi)
| admin | comments(2) | trackbacks(0) | ●S41年度
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | ●-
えのきたけの栽培中のものを、ビン口から2〜3cmほど伸びた時点で、ポリ袋を被せます。1cm程度の穴を上部に開けます。穴を開けないもの、1個のもの、2個のもの、3個のもの・・・。
呼吸による炭酸ガスが溜まり、成長が阻害されます。
えのきたけが呼吸していることが良く解ります。

栽培中のエノキタケを栽培びんごと頂いて、
12月〜2月の季節(最低気温が−2℃〜3℃)の時に、建物の日陰で、育てるとおもしろいですよ。
| ぶんちゃん | 2009/06/29 11:45 AM |
世界初の純白系エノキタケ ホクトM-50
あれから20年近くが経とうとしています。
もっと、もっと、このキノコの良さを引き出すことができるのになぁ♪
カッパえびせんじゃないけれど、元祖には秘められたパワーがあるのでは・・・。
| ぶんちゃん | 2009/06/29 11:37 AM |









http://mkagaku.jugem.cc/trackback/390








 |トップページへ更新履歴

 みんなの科学教材堂
  (書籍・教材通販)

+ SELECTED ENTRIES
+ カテゴリー