ここは昭和55年(1980)までNHK教育で放送されていた「みんなの科学・たのしい実験室」を懐かしむホームページです。当時のメモをもとに番組の放送内容を紹介します。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | ●-
#500417 フェルトペン軌道車
▲今江さんから次のような情報が寄せられました。
これはたしかフェルトペンで書いたコースをたどって走るライントレーサだったと思います。
CdS2個とオペアンプの741でモーター2個を制御してたような気がします。
これ気に入ってて何台も作った覚えがあります。
今江さん・どうもありがとうございました。
S52の7/14に IC線をはう車 という番組がありました。そちらも741利用のライントレーサなので,ほぼ同じ内容のものだと思います。
(2001.07.22 Nishi)
-----------------------------------------------
まっちさんより当時のメモが寄せられました。
古いものから、ひとつ発掘品をお送りします。
Nishi さまのホームページで、741を使ったものは「IC線をはう車」で紹介されているとおりだと思いますが、この回のものはもっと単純なもののようです。CdSの抵抗変化をトランジスタで増幅して、リレーを動作させるだけです。
線を照らすことによって、反射光の有無をCdSで感知するのが特徴です。また、車の形は、どうだったかわかりませんが、モーターからの車輪の駆動は、モーターの軸を直接ゴム車輪に接触させるという、思い切った方法をとっていたようです。

500417 フェルトペン軌道車
まっちさん・どうもありがとうございました。
昭和52年頃から電子工作はIC化していったようですね。
(2002.06.02 Nishi)

 S50年度放送リストに戻る 
| admin | comments(0) | trackbacks(0) | ●S50年度
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | ●-









http://mkagaku.jugem.cc/trackback/350








 |トップページへ更新履歴

 みんなの科学教材堂
  (書籍・教材通販)

+ SELECTED ENTRIES
+ カテゴリー