ここは昭和55年(1980)までNHK教育で放送されていた「みんなの科学・たのしい実験室」を懐かしむホームページです。当時のメモをもとに番組の放送内容を紹介します。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | ●-
#540524  IC腕力計
出演:茨木二郎さん(NHK科学実験グループ)
(Д 初級電子工作)
▲IC腕力計といっても,腕力を感圧素子で電気信号に変換し・・・などというものではなく,エキスパンダー(筋力トレーニング用の器具)のバネの伸びを2進4ビットの電気信号に変換し,デジタル数値表示させるというものです。
こうやって改めてみると,これはエンコーダー・それも絶対位置を読み取るアブソリュート型エンコーダですね。

今ではマウスをはじめ電話やラジオのダイヤルまでエンコーダです。そういう意味でこれは今でも実験する価値は高いかもしれません。

なお,使用部品を手元の『トランジスタ技術』誌にでていた部品通販店の広告で探してみました。TLR306・74LS47ともに健在です。ただメモでは7447の後ろにAN瓩箸いΦ号がついていますが,これは現在ではついているのはありません。使用にあたって問題ないとは思います。
それと上記メモ中,電源電圧が4.5〜7Vとなっていますが,74シリーズのICの場合の電源は5V±5%だったと思うのですが・・・。
(1999.10.11Nishi)

 S54年度放送リストに戻る 
| Nishi | comments(2) | trackbacks(0) | ●S54年度
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | ●-
TTL ICの電源、「三端子レギュレータ」が気軽に買えるまでは、電池4本駆動は良くやりました。

電圧でいけば一番扱い易いのはNiCd電池4本でしょうか。
電流が大きいもの(5桁の周波数カウンタ作りましたので)は、ラジコン用の5本組NiCdを使用し
直列にダイオード入れて電圧落として使っていたこともあります。
ただし2次電池は、ショートに注意しないと・・・

なお、4.5〜7Vは、絶対定格のようですね。
上限は、これ以上は壊れます、
下限は、これ以下は動作保証できません、
と意味合いは違いますが。
| 我妻 靖 | 2006/01/16 12:38 AM |
74シリ−ズは5Vですが多少無視して乾電池4本で動かすアマチュアは少なからずいて、本当は何ボルトまで大丈夫という話が番組でもされていたのかなと思います。
| nishinaga | 2006/01/15 2:20 PM |









http://mkagaku.jugem.cc/trackback/10








 |トップページへ更新履歴

 みんなの科学教材堂
  (書籍・教材通販)

+ SELECTED ENTRIES
+ カテゴリー