ここは昭和55年(1980)までNHK教育で放送されていた「みんなの科学・たのしい実験室」を懐かしむホームページです。当時のメモをもとに番組の放送内容を紹介します。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | ●-
#540405 塩ビパイプの集音器
出演:山口良一さん(NHK科学実験グループ)



▲残念ながら私は実際に作りませんでしたが,放送を観たのははっきり記憶しています。
集音器というと,パラボラ形のものやガンマイクを思い出します。この「塩ビパイプの集音器」は強いて言えばガンマイク的な形をしてます。しかし最長のパイプは1.7mだから人の身長くらい。これが49本まとまってる形はとても異様です。 

さらに製作にあたって問題は塩ビパイプの使用量。メモの中にも計算式が見えますが,総使用量は40mちょっと! 4mの定尺もので10本。製作費はちょっとかさみそうです。

でも見た目へんてこなぶん,指向性・集音性は大変優れているようです。放送中の実験でも10mくらい離れた人込みの中の1人の声を,明確に選別して聞こえていた記憶があります。スタジオ収録番組で良く見かけるガンマイクは指向性はあるようですが,かなり音源に近づけて使用しているようです。

あと今,このメモを見て気づいたのは,マイクの接続方法をどうしたら良いのかという事。メモからするとコンデンサーマイク16個を使うようですが,どうつないだらいいんでしょう? ただ並列につなげて良いのか,ちょっとわかりません。
(1999,10 Nishi)

※その後マイクの接続に関して,山口さんに直接お尋ねすることができました。
この集音器はモデルがあったそうですが,そちらのほうは共鳴管の集合体の直径は10cmでマイクは1個。この放送の実験のものは直径が大きい事もあり,複数のマイクを使い等価的に大きなマイクを電子的に実現されたとの事です。
私は最初,"音室"で各共鳴管の音を反響させてMixしているのかとも思ってました。あるいは音室なしで各管にマイクつけてミキシングするのが良いのかもしれません。
『波動』『共鳴』『干渉』などという要素があるので,高校生以上向けの実験ですね。 
(2000.4.25 Nishi)   
-----------------------------------------------------------------
【参考】共鳴管と共鳴周波数

(2000.4.25 Nishi)

 S54年度放送リストに戻る 
| Nishi | comments(1) | trackbacks(0) | ●S54年度
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | ●-
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/03/17 12:18 PM |









http://mkagaku.jugem.cc/trackback/1








 |トップページへ更新履歴

 みんなの科学教材堂
  (書籍・教材通販)

+ SELECTED ENTRIES
+ カテゴリー